「NPO法人 アニマルレフュージ関西」(代表:エリザベス・オリバー)は、迷い犬猫の保護や治療、里親探しをはじめ、不妊手術の推奨、飼い主の意識レベルの向上、行政への働きかけなど多岐にわたる活動を行っている非営利団体で、英国の伝統あるRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)にも認められ、日本で初めて国際協会員に認定されました。

その活動は、すべて一般の人々からの寄付や会費によって運営されており、およそ30名の専従スタッフと多くのボランティアによって支えられています。大阪・能勢に本部とシェルターを設けており、犬200頭、猫150頭、その他アヒルなどの小動物が保護されています。特徴的なのは、多くの動物保護団体とは異なり、動物たちをケージの中に収納するのではなく、自然の中で遊べるような環境を用意していることです。そして、すべての動物にワクチンと不妊去勢手術を行い、犬にはマイクロチップの埋め込みを施すなど、心身に受けた傷の治療をしながら、新しい家族を捜しています。

東京にあるオフィスでは、関東エリアでの保護活動を受け持ち、新しい家族が見つかるまで動物をフォスターホームで預かる方式を行っています。現在、兵庫県篠山市に最新式の「動物福祉センター」の建設を目指して準備を進めていますが、動物の世話はもとより、既存の施設を維持していくためには多くの仕事があり、また新しいプロジェクトを支える人や資金など、さらなる支援を必要としています。