冬に飼い犬を守る方法

冬といえば、雪に覆われた美しい風景を彷彿させるが、皮膚の荒れや乾燥、インフルエンザの季節、滑りやすい歩道など、あまり好ましくない冬ならではの事象も存在する。これらの寒い時期の天候にまつわる心配事は、家族全員に影響を及ぼす可能性がある。毛皮をまとった家族もその例外ではない。

飼い犬は真新しい雪だまりに飛び込みたくてウズウズしているかもしれないが、飼い主側のちょっとした用心が、冬季の飼い犬の安全と健康の確保に大いに役立つ可能性がある。

すべてのペットオーナーが知っておくべき、天候が寒くなった際の安全上の注意点をいくつか紹介しよう:

冬の散歩前に
屋外の気温が下がると、ペットにはその品種、年齢、大きさによって異なるニーズが生じる。長くて厚めの毛を持つ犬が寒い気温を楽しむ一方、より小型であまり毛

冬の散歩前に

に覆われていない犬は、寒さに耐えることができない。

体温維持が難しい犬を守るには、犬用のコートやセーターが役立つであろう。温かくするための追加のコートが必要でない場合でも、外出前に飼い犬に靴を履かせることをお勧めする。これはアクセサリーというよりも、必要性という点からで、凍結した歩道、塩分、その他化学物質による飼い犬の肉球への刺激を防いでくれる。

道路の凍結防止に使われる塩分は、肉球の外層剥離を引き起こし、敏感な新しい皮膚層がむき出しとなってしまう。これがきちんと元に戻るまでには、数日から数週間を要する可能性がある。

飼い犬が靴を履かずに散歩に行く場合には、毎回の散歩前に飼い犬の足にワセリンや肉球保護ワックスを擦り込んで、保護と潤いの層を追加することをお勧めする。

散歩中に

凍結した歩道が危険なことは明らかなので、寒く凍える気温の中で飼い犬を外に連れ出す際は、いつでも注意を怠らないことが重要である。特に、足元がおぼつかない老犬の場合はなおさらである

散歩中に

老犬は簡単に滑ったり、転んだりする可能性があるので、年配の犬を飼っているオーナーは、寒く凍結した場所を散歩する際には、より注意を払う必要があるかもしれない。人間の高齢者と同様に、高齢の犬も免疫システムが弱くなり、インフルエンザなどのウイルスやバクテリアにより感染しやすくなっている。大抵の老犬は関節炎を起こしやすく、気温の低下によってその重症度が増す恐れがある。

冬季は不凍剤がよく使われ、路上に漏れている可能性があるので、飼い犬の年齢に関係なく、臭いを嗅ぐ場所や舐める場所に目を光らせておこう。イヌが摂取した場合、ごくわずかな量でも致命的となる可能性がある。

寒さが本当に厳しい場合には、散歩を短めに済まそう。あらゆる犬が低体温症や凍傷にかかる恐れがあるので、冬季には決して屋外に単独で置き去りにしてはならない。自分が寒くなっているようなら、おそらく飼い犬も同じように寒さを感じているであろう。

Wet cream havanese dog after bath

散歩後に

散歩から家に戻ったら、路上で付着した可能性がある氷や塩分を取り除くために、飼い犬の足や腹部を温水できれいに洗い、体の下部や足をタオルで拭いて乾かすのが良いであろう。

本当に寒い天候時には、飼い犬の皮膚を乾燥から守る天然オイルが落ちてしまわないほどに、最低限の全身浴をすることがお勧めである(あるいは、洗う必要がある場合には、敏感肌用の保湿シャンプーをお使いいただきたい)。

長い冬の夜には、犬は快適で風の吹いていない場所で、毛布にくるまることが好きならそのようにして眠る必要がある。

最善の解決法?寄り添って眠れるよう、飼い犬をベッドに飛び乗らせてあげよう!

犬のカップル

0 コメント: "冬に飼い犬を守る方法"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です