夜の散歩

さらりと心地よい風を全身に受けながら、短い距離をゆっくりと歩く。
今夜は、月も星もよく見える。
中天の三日月が優しく微笑む。

日中の気温は高く、夕方でもまだ汗をかくことがある。
朝も7時過ぎれば、陽の下ではちょっと辛い。
蔭を探して歩いても、愛犬は散歩の帰り道、口を開け、はっはっと息が荒くなる。

これだけ暑くなるのは、去年より少し早いように感じる。
そこで、我が家の散歩は夜型に変更することにした。

仕事が終わって、食事の支度やお風呂の準備・・・などと思うと、力の残っている夕方早目に散歩を終えたいのだが・・・

彼女の体調を考えると、そうも言ってはいられない。
試しにと・・・始めてみると・・・

夜の散歩も悪くない。

綺麗な夜空を見られる日ばかりではない。
けれど、静かな道をふぅっと肩の力を抜いて歩くのは、新鮮だ。
時々、通り過ぎる家の中からテレビの音や子供の声が聞こえてきたりする。
田んぼのカエルの大合唱を聞くこともある。
遠くの灯りが綺麗に見えたり・・・
晴れた日の満月の夜は、得をした気分で心が弾む。
彼女に合わせた10分程度の散歩。
家に戻って、玄関でタオルで肢を拭くと、当然のようにオヤツをねだる。
よしよしと頭を撫でて・・・

私がお風呂に入っている間に、彼女は自分で寝床を整えて夢の中だ。
私は、その子を起こさないよう自分の寝室のドアを閉める。

おやすみ・・・
また、明日。

文: Kiyoko
※写真はイメージです。

0 コメント: "夜の散歩"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です