0120-1158-99

FAQ

よくあるご質問

Q

なぜグレインフリー(穀物不使用)が良いのですか?

A

元来肉食である犬の身体は穀物より良質な動物性タンパク質の消化に優れており、犬の唾液には消化酵素であるアミラーゼが含まれないため食物が胃に達するまでにデンプン質の多い炭水化物を分解することが出来ません。

世界各地で、とうもろこし・小麦を使ったペットフードにカビ毒の汚染が見つかり、遺伝子組み換え穀物にまつわる問題も多発しています。プラペがグレインフリー(穀物不使用)にこだわるのは愛犬の健康を守る為なのです。

Q

プラペを与え続けるとどのような変化が期待できますか?

A

まずは便の状態が 安定してくること、そして1ヶ月以内には毛艶と肌のコンディションが良くなることを実感していただけます。毎日与えることでお腹の調子も整います。

Q

かゆみの症状は改善されるのですか?

A

可能です。プラペのフードにはオールナチュラル、グレインフリーにこだわった高品質の素材を使用しているため、その自然の恵みで毛と肌の状態が飛躍的に向上します。

Q

人工添加物を使用していますか?

A

いいえ、自然のもので作っているナチュラルフードで人工香料・着色料防腐剤不使用です。

Q

「成長ホルモン」は肉に含まれますか?

A

いいえ。

Q

プラペはどこで製造されていますか?

A

全て「イギリス」で作られております。契約農家・酪農家からのフレッシュな素材をそのままお届けしています。

Q

プラペは低アレルギーでしょうか?

A

はい。アレルギー反応を起こしやすい「小麦」「乳製品」「穀物」が不使用なのでアレルギーの可能性は大きく軽減されています。

Q

どのようにスタートすれば良いでしょうか?

A

今のフードと混ぜながら慣らせていきましょう。犬の消化機能は私たちが考えている以上にデリケートです。新しいフードに切り替える際はこれまで食べていたものとミックスしながら、変化が無いか見守ってください。

万が一、下痢や食欲を無くしたりした場合は、配分を一旦減らしてみましょう。フードの品質とは関係なく、新しいフードが合わない場合も稀にあるからです。

今のフードと混ぜながら、ゆっくり。

犬のおなかは、私たちが考える以上にデリケートです。昨日までと違うフードをいきなり口にすると、うまく消化できず、体調を崩すことが あります。新しいフードに切り替える際には、これまで食べていたものとミックスしながら、徐々に慣らしていくことが肝心です。

犬に変化がないか、見守る。

下痢をしたり、食欲をなくしたり、嘔吐することがないか。注意して見守ってください。万が一、いつもと違うと感じたら、新しいフードの配分を

一旦減らしてみましょう。わんちゃんによっては、フードの品質とは関係なく、新しいフードが身体に合わない場合もあるからです。おなかが丈夫でないわんちゃんの場合には、さらにゆっくりと移行しても構いません。目安は、2週間から3週間。消化吸収の負担を減らすために、お湯でフードを2~3倍にゆるめて与えてもいいでしょう。

成犬用からシニア用へも、段階的に。

成犬用のプラペからシニア用のプラペに切り替えるときにも、同様のステップを踏むと安心です。わんちゃんだって、シニアになれば胃腸の働きは少しずつ衰えていくもの。身体への負荷は、なるべく減らしてあげたほうがよいでしょう。なお、7歳になったからといって、すぐさま成犬用からシニア用に切り替える必要はありません。シニア用への切り替えは、年齢だけを目安にするのではなく、「運動量が減った」「太りやすくなった」といった状況もあわせて判断してください。

食事の回数

毎日1〜2回が基本です。フードは1度で食べきるようにさせます。食べ残しがあっても、食事を終えたら器を片づけてください。

保管方法

パッケージをしっかりと密閉し、なるべく冷暗所に保管してください。開封後はできるだけ早く、遅くとも1か月以内には使い切るようにしましょう。

注意事項

原材料表示から、犬がもつアレルゲンがないかご確認ください。

フードと一緒に飲めるように、きれいな水を置いておきましょう。

効果を得るためにはある程度、継続して与えることをオススメします。