ブログ

太りすぎの犬に適したフード

犬の体重増加は真剣に取り組まなければならない健康問題であり、賢明な食事計画と適切な運動で取り組まなければなりません。しかし、具体的にはどのような対策が、余分な脂肪に効果があるのでしょうか。また、減量を促すための食事とはどのようなものでしょうか。

3 months ago
Views : 40

犬用のターメリック(ウコン): 効用と使用方法

最近の研究では、クルクミンの医学的価値は人間に対してだけでなく、犬に対してもあることが証明されています。ホリスティック獣医やペット栄養管理士は飼い主に対し、いくつかの病気によって引き起こされる犬の慢性的な炎症や痛みの緩和を助けるため、この癒しのハーブを使用することを推奨しています。

3 months ago
Views : 68

シニア犬にはどんな食事を与えるべき?

どんな食事を摂るべきかは犬によって異なり、シニア犬の場合は特に異なります。ある犬が長生きできるかどうかを左右するのは、単純に日々のお世話や遺伝によるもの、または運が影響してきます。しかしそれ以外にも全ての犬に共通する基本的な要因があります。

3 months ago
Views : 15

犬の皮膚アレルギーについて

アレルギーとは、体の免疫系が異物に対して誤った反応をすることです。アレルギーの原因となるものは特にアレルゲンと呼ばれています。

人は誰でも血液中にアレルゲンの基礎負荷、あるいは標準負荷を持っていますが、これらは有害な反応を起こしません。
このアレルゲンの原因には、環境や食事、夏の時期のノミ等様々なことがあります。
この正常なアレルゲンの一定量の臨界点を超えない限り体は反応しませんが、臨界点を超えると身体が反応し、これがしばしば皮膚の反応として現れます。

3 months ago
Views : 32

犬の無条件の愛

犬を飼ったことがある人なら誰でも、人が子どもや孫に抱くような無条件の愛を、犬にも抱くことをご存じでしょう。 私たちが動揺した時や、気落ちしている時、濡れた鼻でそっと軽く突いたり手をなめたりしてくれます。“待っていました!”とばかりに扉にダッシュして私たちを迎えてくれることもまた、人と犬との絆の強さの証しなのです。 犬は私たちのわずかな変化も察知し記憶します。
5 months ago
Views : 2660

老犬の歯科疾患

歯科疾患はもちろんペットが高齢になるにつれ多くなりますが、これを患っているのは老犬だけではありません。犬の歯は本質的に人間の歯と同じなので、若い頃から 歯科衛生に気をつけておけば、問題が大きくならないうちに防げることが多いのです。

定期的に家で愛犬の歯をチェックすることで、多くの場合、重大な問題になる前に見つけることができます。そのため一週間に一度、愛犬の唇を広げて、歯や歯茎を点検してみてください。

愛犬の歯をチェックするポイント

  1. 歯肉炎- 特に歯の周りなどで、歯茎が赤く炎症を起こしている。
  2. 歯石や結石- 歯そのものに黄色や茶色の物質が蓄積している。
  3. 歯茎が腫れている場合、歯肉膿瘍の可能性がある。
  4. 口臭がひどい場合は、感染症の可能性がある。
  5. 歯が欠けていたり、グラグラしていたり、なくなっている。
  6. 虫歯 – 虫歯で歯に穴があいている。
6 months ago
Views : 469

冬に愛犬を守る方法

冬といえば、雪に覆われた美しい風景を彷彿させるが、皮膚の荒れや乾燥、インフルエンザの季節、滑りやすい歩道など、あまり好ましくない冬ならではの事も存在する。寒い時期の天候にまつわる心配事が、家族全員に影響を及ぼす可能性がある。毛皮をまとった家族もその例外ではない。 愛犬は真新しい雪だまりに飛び込みたくてウズウズしているかもしれないが、飼い主のちょっとした用心が、冬季の愛犬の安全と健康に大いに役立つ可能性がある。 すべての飼い主が知っておくべき、天候が寒くなった際の安全上の注意点をいくつか紹介しよう。
6 months ago
Views : 1290

冬の気候の中、あなたの犬を安全に守るために注意できること

気温が一気に下がり、道が凍ったり雪が降る恐れが増す時期、大切な飼い犬の安全に注意しておくことはとても重要だ。大切な家族が幸せで健康な冬を送れるよう、以下のいくつかのポイントを心にとめておこう。

暖かさを保つ

犬は毛皮があるので人間よりも寒さに強いと信じている人は多いが、それは事実ではない。ルールとして覚えておくといいのは、あなたが寒いと感じるならあなたの犬も寒いと感じているということだ。私たち人間と同じように、低体温症や凍傷になりやすい。毛に覆われていない耳や鼻、足の裏は凍りつき、一生残る傷が残る可能性もある。外が本当に寒くなったら犬は屋内に入れて、トイレの時だけ外に出すようにしよう。外に出した時は目を離さないように。犬が凍傷になっている疑いがある時はすぐに暖かい場所に移し毛布で体をくるんであげて、即、獣医に連れて行こう。

6 months ago
Views : 1316

犬に関する驚きの5の雑学

犬は、私たちにとって最も忠実でかけがえのないパートナーです。
そんなパートナーのことを知りたい/理解したいと思うのは自然なことですよね。今月は犬に関する信じられないような驚きの5の知識をご紹介します!

7 months ago
Views : 10622

肉球やけどにご注意を!

熱いターマック舗装やコンクリートが愛犬の足を火傷させ、水ぶくれや充血を引き起こす可能性があります。気温が28℃の時、アスファルト(ターマック)の温度は最高50℃まで上がることがあります(!)。これは、愛犬の足がダメージを負い始めるのに十分な熱さです。

10 months ago
Views : 188
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved