太り過ぎた犬に適したフードについて

2_1

そのおねだりの目には、どんな飼い主も抵抗できないでしょう。おやつや食卓の残り物を食べさせることがどれほど悪いことがご存知ですか?

多くの飼い主は、体重過多が愛犬に悪影響を及ぼすことを知っていますが、体重管理をする事が遅い場合があります。少量でも脂肪を与えることを気にしなかったり、単に肥満の兆候に気づかなかったりするのです。しかし、犬の体重増加を簡単に認識し、上手に管理することはできるのです。

犬の体重増加は真剣に取り組まなければならない健康問題であり、賢明な食事計画と適切な運動で取り組まなければなりません。しかし、具体的にはどのような対策が、余分な脂肪に効果があるのでしょうか。また、減量を促すための食事とはどのようなものでしょうか。

肥満が与える犬への影響とは?

肥満の犬は、正常な体重の犬に比べて、特定の病気にかかりやすいです。肥満の犬は、関節症や変形性関節症などの関節の病気、糖尿病、心血管や呼吸器の病気を発症する傾向が標準以上にあります。また、外科手術で麻酔を使用するスクも高くなります。肥満になると、動きが鈍くなり、痛みを感じることが多くなる為、生活を楽しむことができなくなり、寿命も短くなります。肥満の犬は標準の犬に比べて、平均2年も早く死んでしまうのです。

太りすぎの原因は何か?

1_4

肥満との闘いを始める前に、まず愛犬が太っている原因を知っておく必要があります。肥満の原因を知らなければ、どんなに良い食事も意味がないからです。

肥満の原因は多岐に渡りますので、まずは獣医さんに診てもらいましょう。獣医師は、犬の体重過多が単に間違った食事によるものであり、特別な治療を必要とする基礎疾患によるものではないことを判断できます。

犬種の遺伝的気質や、代謝に悪影響を与える老齢が、犬の過剰体重の引き金になることがあります。

去勢 / 不妊手術や、甲状腺機能低下症、腎臓機能亢進症などのホルモン疾患も原因として考えられます。股関節形成不全、関節症、循環器系や呼吸器系の病気など、犬の運動能力を低下させる病気も体重増加の原因となります。

また外部からの様々な影響で、体重が増え過ぎることもあります。この場合の殆どの肥満の原因は、飼い主の犬の扱い方が間違っていることです。犬が十分な運動をする時間や、回数が不足していることが多いのです。誤った食生活や、愛犬への間違った愛情から、高カロリーのおやつを「ご褒美として」与えてしまうことも、犬の体重過多の典型的な原因です。

肥満を見極める方法

犬種によって体格は大きく異なることが多いです。そのため、理想的な体重かどうかを一見して判断するのは容易ではありません。とはいえ、犬の体重過多を見分けるには、大まかな目安があります。肋骨を触ります。腹壁の下にある肋骨にそっと手を当てた時に、わずかに感触があれば、その犬は標準的な体重です。しかし、胸の横方向に圧力をかけたときに、肋骨の感触が乏しいか、まったく感じられない場合は、体重を減らさなければなりません。肉眼で肋骨を確認できる場合、犬は体重不足です。獣医さんに相談してくださ
い。

健康的な減量は?

愛犬が太っていることがわかったら、肥満解消への第一歩をすでに踏み出したことになります。次に、かかりつけの獣医に相談し、糖尿病、甲状腺機能低下症、腎臓機能亢進症など、体重増加の潜在的な医学的原因を除外します。 その体重増加の医学的原因以外で考えると、体重を減らす為の食事と運動に集中でき
ます。

食事量を減らさない

食事量を極端に減らすと、カロリーが減るだけでなく、重要なビタミンやミネラルも減り、筋肉に必要なたんぱく質の摂取量も減ります。その結果、愛犬が欠乏症になってしまう可能性があります。

また、食事量を極端に減らしても、急にお腹が減らなくなることはありません。つまり、おねだりをするようになります。愛犬に懇願するような目を見られると、あなたが毅然とした態度でおやつを与えないでいることは難しいのではないでしょうか。

減量の為には 、通常のドッグフードを避け、徐々に特別なダイエットフードに慣れさせる必要があります。しかし、単に食事を変えるだけでは、思うような成果が得られない場合があります。優れたダイエットフードであれば、給餌量を大幅に減らす必要はありません。優れたダイエットフードは、カロリーや脂肪分を減らしていますが、大幅にではありません。愛犬が健康な筋肉を維持する為には、十分な量の重要な脂肪酸と良質なタンパク質が必要です。優れた体重管理フードには、自然に代謝レベルを維持・向上させ、余分な脂肪を燃焼させるL-カリニチンが添加されています。食物繊維の量を大幅に増やしただけで、食べたものをすべて「ウンチ」にしてしまうようなダイエットフードは与えないようにしましょう!

運 動

さらに、愛犬に十分な運動をさせてあげることも必要です。沢山のトレーニングやスポーツ、遊びは、空腹感を抑えるだけでなくエネルギー消費量を増やします。余分な脂肪が分解され、一緒に活動することで飼い主と愛犬の関係も強化されます。

愛犬の体重減量は、健康に良い影響を与えるだけでなく、生活を楽しむことや、お互いの関係にも良い影響を与えます。その意味でも、体重管理や減量を応援しています!

3_2
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved