犬が秋を愛する理由!

犬が秋を愛する理由!

犬が秋を愛する理由!

秋になりました!犬も秋が好きだってこと知っていましたか?そう、様々な理由から秋が犬にとっても1年で1番好きな季節となっています。秋の素晴らしい楽しみに加え、犬にとって秋にはいくつかの危険が潜んでいることにも目を向ける必要があります。

 

犬が秋を愛する理由

就寝中に飼い主に寄り添えられる

秋に外は寒くなります。そのため、犬は飼い主の隣で昼寝をすることが多くなるでしょう。犬の近くで眠ることには、温かい体温を感じられることに加え、再生作用があります。これにより、ストレスを軽減し、睡眠の質を高めることができます。 

 

水たまりや枯葉の山で遊べる

秋には必ず雨が降る日もあるでしょう… 犬は雨の日が大好きです! 雨の中、犬は遊んで、転び回り、そして、最初に雨に飛び込んで一番面白い方法で体を汚すのを他の犬と競い合うことでしょう。 

また、秋には枯葉の山があります。そこで、犬は枯葉の山に乗って転がったり、風で吹かれる枯葉を追いかけたりするのを楽しむはずです!

 

穏やかな気候

秋の太陽はそれほど強くなく、気温も穏やかです。過度の暑さと熱中症のリスクに悩まされることなく、週末に散歩や外出をするのに最適なコンディションでしょう。 確かに日は短くなりますが、温度をあまり気にせずに何時間も外にいられるのは素晴らしいことです!

 

 

道端で会う観光客が少ない!

芸術の街や観光客に人気のある海辺の村に住んでいる場合、夏の間は犬が人目を避けることはできません! 観光客はあちこちにおり、犬が慣れ親しんでいる平和と静けさが壊されています。秋の到来とともに、犬はようやくお気に入りの場所に戻ることができるでしょう。秋になれば、大勢の観光客に邪魔され、囲まれることはありません!公園では仲の良い友達とまた遊ぶことができ、海辺では思いっきりはしゃぎ回ることができます!

 

そして、秋に犬が直面するかもしれないいくつかの問題について

秋には良くない問題をもたらす可能性もあり、同時にこれらの点に注意することが重要です。

 

ドングリとオークの葉

秋になるとドングリとオークの葉が地面に落ちているのをよく目にすることでしょう。これらは、犬にとって致命的になるかもしれません。 獣医は、ドングリが犬にとって致命的な可能性があると警告しています。ドングリは無害に見える一方で、ガロタンニンという化学物質が含まれています。これは、ペットを重症化させ、場合によっては死に至らせる可能性があります。これらの小さな種実類は、犬の胃と胃腸の健康に深刻なダメージを与える可能性があります。 犬が腎臓病を患っている場合、ドングリの酸がさらにその病状を悪化させるでしょう。

オークの葉は、犬の体重や摂取量によっても犬にとって問題になります。 ドングリかオークの葉のいずれかを摂取したペットは、血性下痢を起こす可能性があります。 血性下痢が見られた場合は、腎不全の兆候である可能性があるため、獣医による診察を受けてください。

 

キノコ

ほとんどの場合、春と夏にかけてキノコを見ることがありますが、葉が地面に落ちて腐ってしまうと、菌類(キノコ・カビなど)の発生につながります。 古い葉を犬に食べさせないようにするだけでなく、隠れたキノコの胞子やペットに害を及ぼす可能性のある他の細菌に注意してください。 犬がキノコを食べてしまった場合、キノコ中毒の一般的な兆候は、過度のよだれ、吐き気、および歩行障害となります。

 

ダニ(およびノミ)

ダニやノミの話は、年間の暖かい時期にハイキングやキャンプをしているときによく聞きますが、秋も同じように広く存在しています。 そのため、畑や森に散歩に出かける際は、ノミ治療やダニ対策を続けましょう。

2 months ago
shipping-image
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved