チョコレート中毒とは?

チョコレート中毒とは?

チョコレート中毒とは?

どんな犬にもチョコレート中毒を起こすリスクがありますが、特に子犬は好奇心からチョコレートを食べてしまうことが多く、また身体が小さいので、わずかな量のチョコレートでも中毒を起こす確率が高くなります。

チョコレート中毒は、チョコレートが家の中に沢山あるバレンタインデーの前後に起こることが多いです。

チョコレート中毒とは?

チョコレートは焙煎されたカカオの種子から作られており、カフェインに関連するテオブロミンという化学物質を含んでいます。犬は人間ほど素早くテオブロミンを消化することができないことから、テオブロミンは犬にとって有毒となります。チョコレートの過剰摂取は、犬の神経および心臓血管に影響を及ぼし、異常に活発な動きや心拍数の上昇等を引き起こします。

犬に見られるチョコレート中毒の症状

中毒症状を起こした犬は、テオブロミンが持つ利尿作用、そしてそれに伴う膀胱を緩める作用が原因となり、大量に排尿することがあります。また、子犬の場合はよだれを垂らしたり、喉が渇いているかのような動きをしたり、嘔吐や連続した下痢をするでしょう。

犬に見られるチョコレート中毒の兆候

  • 震え

  • 異常な心拍数

  • 発作

  • 衰弱・虚脱

  • 筋肉のひきつけ

  • 昏睡状態

チョコレート中毒の原因

チョコレート中毒は、犬がチョコレートを摂取した際に起こります。ダークチョコレートや製菓用チョコレート(ビターチョコレート)には、高濃度のカカオが含まれていることから、そのテオブロミン含有量はミルクチョコレートを大きく上回り、その危険性もかなり高くなります。ダークであればあるほど、また苦みが強いほど、有毒です。ホワイトチョコレートは、カカオを一切含んでいない為、犬にとっても有毒でありません。

治療

もしあなたの犬や子犬がチョコレートを食べてしまった場合、ただちに獣医師の診察を受けることが極めて重要です。チョコレート中毒の解毒剤はありません。

チョコレートを食べたという状況であれば、直ちに獣医師は犬に嘔吐させる場合があります。ショック症状には輸液療法が用いられるほか、心拍数の異常、嘔吐、下痢にはそれぞれに応じた治療が行われます。

チョコレート中毒の救急処置

あなたの子犬がチョコレートをかじっているのを見つけたら、すぐに嘔吐させて有毒物質を取り除きましょう。チョコレートを食べる姿を発見しなかった場合でも、ぐちゃぐちゃに噛まれたお菓子の包み紙といった怪しい証拠があれば、嘔吐させるのが賢明でしょう。嘔吐させる際には、絶対に塩をあげてはいけないことも覚えておきましょう。

チョコレートを食べたと疑われる場合は、ただちに獣医師に連絡すること。

  • チョコレート中毒を防ぐには

チョコレート中毒に対する最良の対応策は、犬の口にチョコレートが入らないことにすることです。ほとんどの犬や子犬は甘いものが大好きです。彼らの手が届くところにチョコレートを置かないこと、そしてバレンタインデーの前後には特に気を付けることです。加えて、一般的なトレーニング方法でチョコレート中毒を防ぐことが可能です。

  • 夜間に出しっぱなしになったチョコレートやお菓子に手を出さないよう、クレートトレーニングをする。

  • ペットの健康が守られるよう、チョコレートのない空間を作る。

  • 絶対にご褒美として犬にチョコレートをあげないよう、子どもに教え込む。

 

犬の安全が守られ、素敵なバレンタインデーになりますように!

 

4 months ago
shipping-image
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved