なぜ犬はお互いのお尻を嗅ぎ合うのか(人間のお尻も)?

なぜ犬はお互いのお尻を嗅ぎ合うのか(人間のお尻も)?

なぜ犬はお互いのお尻を嗅ぎ合うのか(人間のお尻も)?

どの犬もすることですが、お尻の匂いを嗅ぐことは、多くの飼い主にとって不快なことです。散歩中やドッグパークで、愛犬が他の犬のお尻を嗅いでいたら、ちょっと恥ずかしいですよね。では、なぜ犬はお尻を嗅ぐのでしょうか?その理由は、見た目ほど汚いものではありません。そして、それはあなたが思っている以上に、犬にとって重要なことなのです。

スーパースターのスニッファーたち

犬の世界では、嗅覚は他の感覚をはるかに凌駕しており、私たちが視覚に頼るのと同じくらい、犬は嗅覚に頼って世界を探索しているのです。なぜか?犬の嗅覚は、飼い主の1万倍から10万倍も敏感なのだそうです。

これは、犬の鼻には3億個もの嗅覚受容体があるのに対し、私たちの鼻には600万個しかないからです。

また、犬の脳は臭いを分析する能力も優れており、人間の約40倍もあるそうです。このような生物学的な優位性だけでなく、犬には人間にはない第二の嗅覚系があり、それをつかさどるのが 鋤鼻器(ヤコブソン器官)です。フェロモンや体から分泌される化学物質を感知することができるのです。

 

さらに興味深いことにこの2つの犬の嗅覚系は、脳の異なる部位につながる別々の神経経路を持っているのです。

これにより、犬は臭い分子とフェロモンなどの体内化学物質を区別して(別々に)分析することができるのです。

 

なぜ犬はお互いのお尻を嗅ぎ合うのか?

もうお分かりかもしれませんが、犬はお尻を嗅いで他の犬を「分析」しています。犬同士のコミュニケーションに欠かせないものなのです。しかし、なぜ体の他の部分ではなく、尻なのでしょうか?犬は直腸の中に肛門腺と呼ばれる袋を2つ持っています。この腺は、犬がウンチをするたびに少量の悪臭を放つ液体を分泌します。しかし、私たちの犬の仲間は、お互いを知るためにこの液体を放出することもあるのです。

肛門嚢の分泌物は、第二の嗅覚系を通じて他の犬が読み取ることができる生物学的なミニバイオグラフィーであると考えることができる

驚くことにこれらの分泌物から、犬の気質、現在の気分、性別、健康状態、生殖状態など、ユニークな識別情報を得ることができるのです。また、それぞれの犬の臭いはユニークでわかりやすい特徴を持っているため、以前に会ったことがあるかどうか、ちょっと嗅いだだけでわかってしまうのです。

 

犬と犬のお尻を嗅ぐことが淫らな行為に変わるとき

私たちの犬の仲間は、他の犬から必要な情報を嗅ぎ取るのにほんの数秒しか必要としません。それ以上続くようであれば、トラブルを避けるために引き離すことをお勧めします。唸る、毛を逆立てる、その他の攻撃的な兆候も、介入すべき時期の警告サインです。

 

なぜ犬は時々人間のお尻を嗅ぐのか?

人間にも肛門腺はありますが、前庭性(不要)とされ、分泌物も出ません。では、なぜ犬は人間のお尻を嗅ぐのでしょうか?  これは、このように主に犬の本能的な行動によるものである。犬は鼻で世界を探索するため、人をチェックしているのでしょう。もし、あなたの愛犬が頻繁に人のお尻を嗅ぐようなら、それを止めさせたいと思うでしょう。

 

その他の犬の奇妙な行動を理解する

犬同士のお尻の匂いを嗅ぐことは、犬の正常な行動であると同時に、犬にとって重要なコミュニケーションの一つであることをご理解いただけたと思いますので、次にあなたの愛犬が仲間の犬のお尻を嗅ぐとき、それほど見苦しくは感じないかもしれません。

8 months ago
free dog sample free cat sample
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved