犬がコーヒーを飲んだ場合の対処法とは?

犬がコーヒーを飲んだ場合の対処法とは?

犬がコーヒーを飲んだ場合の対処法とは?

コーヒーは犬にとって安全ですか? あなたがコーヒーをこぼした際に犬がこっそり味見をしてしまった場合や、ゴミ箱に捨てたコーヒー豆を犬が見つけてしまった場合に、疑問に思うかもしれません。 人間がコーヒーを飲むことができれば、犬も安全にコーヒーを飲むことができるのでしょうか?

簡潔に言って、答えは「NO」です。犬は安全にコーヒーを消費することができません。 実際、犬にコーヒーを与えることは、非常に深刻で、さらには致命的な結果につながる可能性があるため、絶対に避けたいことです。

この記事では、コーヒーと犬について知っておくべきこと、そして犬がコーヒーを誤飲した場合の対処法についてお伝えします。

コーヒーが犬にとって悪い理由は?

コーヒーで問題となるカフェインは、興奮剤です。 一部の人たちは、カフェインの摂取が1日のスタートを助けることができると感じていますが、犬はその刺激効果に対して非常に敏感な生き物です。

犬がコーヒーを消費した場合 — コーヒーを飲んだ場合、あるいは成分としてコーヒーが含まれている食品を素早く食べてしまった場合、犬の心拍数が危険なレベルにまで増加する可能性があります。 これにより、犬に多動性、落ち着きのなさ、動揺の発作をもたらすことがあります。

犬に対する他の潜在的な症状の一部は、次の通りです:

  • 息切れ
  • 嘔吐
  • 不整脈
  • 高血圧
  • 高体温

最も重症な場合、犬は昏睡状態に陥る、発作を起こす、または死に至ることさえあります。

犬がコーヒーを飲んだ場合の対処法とは? 

犬がコーヒーを飲んだり、コーヒー豆を食べたりしたことに気づいた場合は、犬のコーヒーの摂取方法と消費量を把握することが重要です。 この情報は、獣医がアドバイスと治療を提供するのに役立ちます。

犬がコーヒーをごく少量飲んだだけなら、ブラックコーヒーであろうと、ミルク入りのコーヒーであろうと、犬が無事である可能性は高いでしょう。 深刻な症状がないかを確認し、症状が見られた場合は、獣医に連絡してください。

また、犬の身体の大きさによっても、コーヒーが与える影響で大きな違いが生まれます。 コーヒーが犬に悪影響をもたらすレベルは、犬の体重1ポンド当たり9ミリグラムのカフェインを摂取することであると推定されています。 約75mgで発作が起こる可能性があります。

犬がごく少量以上のコーヒーを消費していることに気付いた場合は、すぐに獣医のアドバイスを求めることが重要です。

症状やコーヒーの消費量によっては、嘔吐を誘発したり、毒素を吸収するために活性炭を処方したり、点滴の使用を勧めたりできるように、獣医があなたに犬を連れてくるようにお願いする場合があります。

コーヒーは犬のベストフレンドではないことを認識し、愛犬を守りましょう!

 

20 day ago
shipping-image
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved