犬が人間に愛を示す5つの行動

犬が人間に愛を示す5つの行動

犬が人間に愛を示す5つの行動

 

犬は飼い主が大好き

誰もが、家族のように犬を愛しています。 私たちは、多くの方法で犬に愛情を持って接する傾向があります。 犬のおもちゃを購入したり、犬向けのベーカリーに立ち寄って美味しい犬用クッキーを注文したり。あるいは、夕方に愛犬が大喜びする方法で撫でたりするかもしれません。 しかし、犬はどのように人間に対して愛情表現するのでしょうか?

 

犬は、人に感情を生み出すことで知られている構造と同じ脳構造を持っていることが科学的に証明されています。 つまり、犬は人間と同じように感情を感じることができます。そこで、この記事では、犬の秘密の言葉で「あなたのことが大好き」と伝えているかもしれない行動の一例を紹介します。

1. 目を見つめて「好き」だと伝える

時々、愛犬があなたの目をじっと見つめていることに気付くかもしれません。 それは、まるで何か伝えたいことがあるかのようです。 犬に見つめられたときに、「ほっこり」と温かい気持ちになるのであれば、それは間違った解釈ではありません。

研究によると、犬は飼い主を見つめることにより、飼い主とコミュニケーションを取っています。  日本人研究者である永澤美保さん(麻布大学)と彼女のチームは、養育や愛着に関係するホルモンであるオキシトシンのレベルが、飼い主の目をじっと見つめている犬の脳内で上昇していることを発見しました。 そう、これは「親と子の絆を強める」意見と非常によく似ています! 最近、あなたは犬の目から愛を読み取ることができましたか?

 

2. 飼い主の帰宅時に喜んでお出迎え

家に入るたびに両手を広げて出迎えてくれる存在がいる人はどのくらいいるでしょうか? おそらく、誰もそんなことしてくれることはないでしょうが、きっとあなたの犬は両手を広げてあなたを迎え入れてくれているはずです。 仕事で悪い出来事が起きたり、ベストな状態でなかったりするかもしれませんが、私たちの犬は常にそこに居て、ドアの前で尻尾を振って挨拶してくれます。 ほとんどの場合、あなたの犬は、あなたが家を出た瞬間から、家に帰ってくる車の音を聞くまで、一日中あなたの帰りを心配して待っていたはずです。

夕方の予定や料理のプラン、あるいは多忙すぎるスケジュールや、約束の準備に追われているなどの理由で、私たちはしばしば犬が私たちの帰りを喜ぶ姿に気付かないことがあります。もしかしたら、帰宅時に犬が飛び乗ってきて、服をめちゃくちゃにされたことで、腹を立てることさえあるかもしれません。 

でも、考えてみてください:玄関での犬の挨拶は、愛がある究極の証です。これは、犬が飼い主の不在を寂しがっており、飼い主の帰りを喜んでいることのしるしです。

3. 飼い主の声を聞くのが大好き

嗅覚は犬の主な感覚だとよく考えられていますが、あなたの声が犬にとって音楽になる可能性があります。 ポジティブで明るい声で犬に話しかけているときに、犬が尻尾を振っているのに気づいたことがありますか? 尻尾を振る全ての場面が必ずしも「幸福」を意味するものではありません。しかし、犬がたとえあなたの言葉を理解していなくても、犬はあなたの声を聞くのが好きで、このような状況で犬が尻尾を振るという動作は愛情表現であるという解釈は、おそらく間違っていないでしょう。

実際、科学的事実があります。 香りの研究では、MRI技術を使用して、飼い主の匂いに対する犬の反応をテストしましたが、このケースでは、人の声を聞いたときの犬の脳の活動をテストしました。 ブダペストの神経科学者であるアッティラ・アンディックス博士が行った研究によると、犬は人間と同じように、人の幸せな声を聞いた際に明るい気持ちになる特定の声の領域が脳内に存在することが明らかになりました。

つまり、これはどういう意味なのでしょうか? これは、犬が飼い主と非常に調和しており、微かな気分の変化にも対応できることを示唆しています。 これは、人間と犬の絆が非常に緊密である理由を説明する証拠であると、アンディックス博士は付け加えています。

 

 

4. 愛のしるしとして飼い主に感情的な癒しを求める

あなたの犬は、あなたを快適な場所として認識していますか? 飼い犬が恐ろしい出来事を経験したとき、犬はすぐにあなたの元に向かって走ってきますか? 雷や大きな音が怖い犬が、感情的なサポートを得るために、飼い主にしがみついたり、飼い主の膝に飛び込んだり、すぐに助けを求めて足に寄りかかったりすることは、珍しいことではありません。

一部の飼い主は、犬が飼い主を始終追いかけ回し始めると、犬が病気になっていることだと理解しています。 多くの犬の飼い主は、自分の犬を自分の子供として認識しており、犬が自分の好きな人間とどのように接するかに関しては(少なくともこのレベルでは)完全に間違った解釈ではありません。

ウィーンの獣医学大学の  研究によると  「犬と人間の絆」と「子供と親の絆」には、著しい類似性があることが明らかになっています。 この研究の主な研究者であるリサ・ホーンさんは、犬が「人間の子供にも同様に見られる安全基地効果」を示すことを示唆する証拠を発見しました。

 

 

5. 無条件の愛

犬は飼い主の素性に関係なく、飼い主を無条件に愛しており、犬の愛は私たちが知っている他人から受ける愛よりもしばしば上回っています。 金持ち、貧乏、不幸、幸せ、若年、高齢など関係なく、犬は常に私たちの側におり、尻尾を振ったり、私たちの顔を舐めたりして、私たちを特別な気分にさせます。

人生でどんなことが起こったとしても、犬は私たちに恨みを抱くことはありません。まるで永久無限に続くような犬の同情と愛情に、私たちは常に頼ることができます。

犬が人間の親友として知られているのには理由があります。犬はいつも私たちのそばに居て、私たちの生活の幸せ、そして何よりも共に過ごす時間が幸せであることを毎日思い出させてくれます。

 

 

そして最高のポイントは、犬が無条件の愛を私たちに注いでくれるということです。犬は人間とは異なり、言葉を一切使わずに私たちに愛情表現してくれます!

8 months ago
shipping-image
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved