犬の折れた爪が問題になる理由とは?

犬の爪が折れる原因とは

犬の折れた爪が問題になる理由とは?

折れた足の爪は、犬が経験する一般的な怪我です。犬の足は、芝生から岩が多い地形まであらゆる場所と接する機会があるため、犬の足の爪が衝撃を受けることがあるのは自然なことだといえます。では、飼い犬の爪が折れた場合、どのような行動を取るべきでしょうか?

この記事では、犬の損傷した足の爪の詳細について説明し、それが起きた場合の応急処置について理解するのに役立つ内容をお届けします。

犬の爪が折れる原因とは?

ほとんどの犬には、前足に5本の指があり、後足には4本の指があります。一部の子犬では、出生後の早い段階で、狼爪(ろうそう)と呼ばれる前足の指が切除されますが、全ての犬がこの処置を受けるわけではありません。

人間の爪と同じように、犬の爪も絶えず伸びています。犬が硬い面を歩いて爪を整えることができない場合、犬の爪は少し厄介になるまで伸びてしまう可能性があり、カーペットや芝生の上などを歩く場面でも、犬の爪が途中で簡単に引っ掛かってしまう可能性があります。

犬の爪を整えている場合でも、軽度の外傷から爪の怪我を経験することがあります。犬は、カーペットに足を引っ掛けたり、飛び跳ねた時に爪を折ったり、穴を掘っているときに爪を傷つけてしまうかもしれません。飼い犬の爪の外傷の背後にある原因が何であれ、それは痛みを伴う怪我であり、この問題は常に真剣に受け止められるべきです。

犬の折れた爪が問題になる理由とは?

犬の折れた爪は、常に真剣に受け止められるべき問題です。この怪我は、最も辛抱強い犬にとってさえ、非常に痛みを伴うだけでなく、対処しない場合、いくつかの合併症を引き起こす可能性があります。犬の爪の丈夫なケラチン(硬タンパク質)の外観しか見ることができないかもしれませんが、犬の爪にはそれ以上のものがあります。

犬の爪の中には、「クイック(quick)」と呼ばれる神経と血管の集まりがあります。これは、透明な犬の爪に見られる先の尖った構造であり、犬の爪を短く切ると出血してしまう部分となります。犬の爪のケラチンは、生きている組織ではありませんが、クイックは確かに生きている組織です。クイックは、敏感な構造であるため、露出すると極度の不快感を引き起こす可能性があるだけでなく、骨にも接しています。つまり、クイックのあらゆる感染は、すぐに潜在的な骨の感染症に繋がる可能性があるということです。

犬の爪の怪我の重症度によって、様々なレベルの痛みを経験する可能性があります。クイックが露出し、足に圧力をかけることを余儀なくされた場合、足を引きずり、その足に体重をかけるのを躊躇う飼い犬の態度や、常に負傷した部分を舐めている飼い犬の姿に気付くかもしれません。このような行為により、犬がさらに痛みや感染症に晒されてしまう可能性があります。

このように、折れた爪は、想像以上に犬にとって深刻な問題となります。では、飼い犬の爪が折れた場合、どのような行動を取るべきでしょうか?

 

犬の爪が折れた場合の応急処置

犬の爪の怪我による痛みや感染症の恐れがあるため、獣医に連絡してさらなる治療を受けることを常にお勧めします。ただし、自宅ですぐに怪我に気付いた場合は、いくつかの応急処置を行うことができます。

  1. まず、犬に噛まれないように身を守りながら、犬の負傷した箇所を調べるために、犬を拘束してください。これらの怪我は、痛みを伴う可能性があるため、犬が少し躊躇することが想定されます。飼い犬が強い痛みを感じており、爪を見せようとしない場合は、それ以上の処置に進む前に獣医の診察を受けてください。
  2. 犬の爪が出血しており、出血箇所に触れることができる場合は、出血への応急処置を行うことができます。出血箇所を軽く抑えるか、爪を少量のコーンスターチの中に浸すことで、処置を開始することができます。この処置は、出血箇所を「塞ぎ」、出血を止めるのに役立ちます。10~15分経っても出血を止めることができない場合は、獣医の診察を受けてください。また、自宅で包帯を巻くことは絶対にしないでください。この行為は、犬の足に大きな損傷を与える可能性があり、出血箇所が長時間湿っている場合は、感染症を患わせてしまう可能性があります。
  3. 出血箇所に犬の爪の小さな部分がぶら下がって残っている場合は、この部分の除去を試みることができます。ただし、犬が痛みに耐えている場合にのみ、この処置を行ってください。飼い犬が強い痛みを感じており、抵抗する場合は、それ以上の処置に進む前に獣医の診察を受けてください。

犬の爪にひびが入っていたり、重傷を負っていたりした場合は、必ず獣医の診察を受けてください。感染症を患う可能性が高いため、安全を確保し、専門家の指導を受けることが常に最善です。上記のヒントは、応急処置となり、クイックが露出している場合の十分な治療とはなりません。

爪の怪我は、犬にとって痛みを伴う出来事です。上記で紹介した内容を確認し、今後、飼い犬を助けられるように備えましょう!

27 day ago
shipping-image
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved