犬は色が見えるのか?

犬は色が見えるのか?

犬は色が見えるのか?

犬の視点については人間にとって少し謎めいているので、これは良い質問だ。ドッグフードをむさぼるようなある種の行動は、必要性伝えているのかもしれないが、愛犬がどのように世界を見ているのかを理解するのは難しい。 

彼らの視界は私たちのようには働いてない。

犬の目の解剖学的構造と視細胞は、人間(および他の種)とは異なるため、犬には特殊な視覚認知が与えられている。

「犬にはどんな色が見えるのだろう?」という疑問をお持ちの方のために、犬が知覚できるもの、できないものを理解するのに役立つ、犬の視覚の概要をご紹介します。  

犬は色覚異常?

いや、犬は色盲ではないが、人間のように多くの色を見ることはできない。 

犬の細胞には少量の錐体細胞(錐体細胞とは目の網膜にある視細胞で、色を見ることができる)がある。

人間の目には3種類の錐体細胞があるが、犬の目には2種類しかない。犬の資格は特定の色に限られている。

 

左は人間の目から見たオレンジと赤。そして右側は、私たちの犬が見ることができるものです。

 

これはあなたとあなたの犬にとって何を意味するのか?

犬には特定の色が見えないということがわかったのだから、犬には見える色の製品を選ぶのが理にかなっている。この知識は、黄色いテニスボールに夢中になる犬がいる一方で、ピンクや赤の同じボールにはあまり興味を示さない理由を説明するのに役立つかもしれません。

草むらや湖でボールを投げて回収させるときは、赤いものを選ばないこと。赤い色が見えないため、犬がボールを見失う可能性があるからだ。また、2つのおもちゃの区別を教える場合や、ダンベルを使った服従訓練をする場合は、青と黄色を1つずつ選ぶのが賢明だろう。

8 months ago
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved