犬に絶対に食べさせてはいけない食べ物

犬に絶対に食べさせてはいけない食べ物

犬に絶対に食べさせてはいけない食べ物

アルコール。犬にアルコール飲料を与えてはいけないことはご存知だと思いますが、犬にとってどれほど有害であるかを改めてお伝えしたいと思います。アルコールは、犬の肝臓や脳に人間と同じような影響を及ぼすことが確認されており、嘔吐、下痢、筋力バランスの低下、呼吸困難、震え、血液のpH値の異常、昏睡状態、そして死を引き起こす可能性があります。

 

 アボカド。果物や野菜の中には、犬が摂取しても全く問題ないものもありますが、中にはあまり安全とは言えないものもあります。アボカドが安全だと言う人がいる一方で、アボカドが安全ではない主張する人もいます。また、ほんの少し食べるだけなら大丈夫という人もいるでしょう。結論から言うと、犬にアボカドを近づけないようにしてください。アボカドにはペルシンという殺菌性の毒素が含まれており、多くの動物に深刻な健康被害を与える可能性があります。メルク獣医学マニュアル(Merck Veterinary Manual)によると、犬は他の動物よりもペルシンに対して耐性がありますが、それでも犬にとって有害である可能性がありますので、アボカドを愛犬の近くに置かないようにしましょう。

 

 キャンディ、チューイングガム、歯磨き粉、マウスウォッシュ。これらの食品の多くは、インスリン分泌を引き起こす可能性のある甘味料であるキシリトールを含んでいます。インスリンの増加は、低血糖症(糖分レベルの低下)を引き起こし、嘔吐、無気力、筋肉バランスの低下、さらには発作などの症状につながる可能性があります。このような食品を、犬に与えないでください。また、一部の甘いおやつには、犬にとって致命的となるキシリトールが含まれている場合があります。

 

 

 チョコレート、コーヒー、カフェイン。この3つの食品は、犬の心拍数を速め、神経系を刺激します。  これらの食品にはメチルキサンチンが含まれており、嘔吐や下痢、動悸、過度の渇きや排尿、多動、発作、そして死を引き起こす可能性があります。注意:ダークチョコレートはミルクチョコレートよりも有害です。

 

調理済みの骨。  骨は消化が悪いといわれています。骨が折れたり、割れたりして、小さくなったり、端が鋭くギザギザになったりするのは珍しいことではありません。これは、愛犬にとって窒息のリスクになり、骨が犬の喉に詰まったり、犬の胃腸を傷つけたりしてしまう可能性があります。

 

タマネギとネギ。これらの食品は、特に犬にとって有害です。調理済み、生、粉末状、他の食べ物の中に入っているなど関係なく、全ての状態で問題となります。これらの食品は、胃腸の炎症を引き起こし、赤血球の損傷につながる可能性があります。タマネギとネギは、さまざまな料理の材料になることが多いため、日頃から注意することが大切です。

 

ブドウとレーズン。これらの食品は、犬にとって強い毒性を持つ可能性があります。そしてなぜか、犬は甘い果物に強い関心を示す傾向があるようです。2016年、米国のAnimal Poison Control Centerには、昨年3,700件以上のブドウとレーズンに関わる問い合わせがありました。愛犬がブドウやレーズンを摂取したことがわかったら、治療を受けることが肝心です。

 

マカダミアナッツ。ブドウと同様、このナッツが犬にとって有害な理由を示す研究はありません。しかし、マカダミアナッツを愛犬の近くに置いておく場合は、用心する必要があります。マカダミアナッツは非常に毒性が強く、衰弱、鬱、嘔吐、震え、高熱を引き起こすことがあります。これらの症状は、通常、摂取後12時間以内に現れ、12時間から48時間続くことがあります。

 

/未加熱の肉と卵。生食はとても人気があり、犬の健康にも良いですが、これらの未加熱の食品には食中毒を引き起こすサルモネラ菌や大腸菌などの細菌がいることがありますので、細心の注意を払う必要があります。読者の皆さんは、食中毒になった経験がありますか?嘔吐、発熱、リンパ節腫脹など、犬も同じような不快な症状を経験することがあります。

 

 塩と塩分の多いスナック菓子。人間でも犬でも、大量の塩分を摂取するのはよくありません。しかし、犬にとって塩分の大量消費はさらに問題になります。塩分をたくさん摂取すると、ナトリウムイオン中毒になる可能性があります。その結果、嘔吐、下痢、鬱、震え、体温上昇、発作、そして死に至ることもあります。そのため、ポテトチップスや塩味のポップコーンを犬と一緒に食べないようにしましょう。

 

 

私たちは24時間犬の側にいることができないため、犬が食べてはいけないものを食べている瞬間に気付けないかもしれません。飼い主の責任は、犬の行動の変化に気付くことです。無気力、嘔吐、筋力バランスの低下、またはその他の症状が見られたら、すぐに犬を病院に連れて行ってください。

1 year ago
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved