犬の体内コンパス

犬の体内コンパス

犬の体内コンパス

犬が方向を判断したり、道を見つけたりするために、どれだけ嗅覚や視覚を使っているかについては、常に議論の的になっています。新しい研究では、犬が地磁気を感知し、それをコンパスとして使用できるという証拠が示されています。

 新型コロナウイルス、癌、恐れ、時間など、犬が察知できるものには驚かされますが……少なくとも嗅覚は、私たちが理解できる感覚です。

地磁気を感知できるということは、信じられないような話です。しかし、この能力を持つ動物は犬だけではありません。鳥、クジラ、イルカ、カメは、この広範囲にわたる特性を持つ動物に含まれています。

2013年の研究では、犬が地磁気の南北軸に沿った状態で排泄することを好むことが判明しました。犬がこのようなことをする理由については明らかになっていませんが、この研究では、犬が地磁気を感知することができ、犬の行動が地磁気によって影響を受けることが示唆されています。

研究者たちは、犬の目には光によって同時に刺激されると磁場に反応する光感受性分子(クリプトクロム1)が含まれていることを発見しました。

この分子は鳥類のナビゲーション能力で役割を果たし、視覚システムの活性を通じて磁場を感知することができます。

 

最近の研究では、一般的に素晴らしい帰巣本能を持っていると考えられていることから、狩猟犬に焦点が当てられました。 10種類の27匹の狩猟犬にGPS追跡装置を取り付け、合計622回の犬の日中の移動からデータを収集しました。 犬の移動は、30分から90分間続き、建物、電力線、道路から離れた森林地帯で行われました。犬が取ったルートは、研究の対象となりました。

多くの犬は、「トラッキング」と呼ばれる方法を使用して、自身の匂いを頼りにスタート地点に戻りました。この方法は、約半数の犬で観察されました。

 

残りの半分の犬は、別の道からスタート地点に戻ってきました。これは、「スカウティング」と呼ばれるプロセスです。

スカウティングで戻ってきた犬たちは、地球の南北軸に沿って短い距離(約20メートル)を走ることから始まりました。これらの犬たちは、スタート地点と飼い主の元に戻るための方向に関わらず、これを行いました。犬は、この最初の「コンパスランニング」を行い、方向を把握しました。その後、自身の匂いがある道とは異なる道を通ってスタート地点に戻りました。

 そして、スカウティングを行ったこれらの犬たちは、自身の匂いを頼りに戻ってきた犬よりも、はるかに速く飼い主の元に戻ってきたのです!

14 day ago
shipping-image
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved