愛犬をより理解し、コミュニケーションするための8つのヒント

愛犬をより理解し、コミュニケーションするための8つのヒント

愛犬をより理解し、コミュニケーションするための8つのヒント

犬を飼うことのメリットは数え切れないほどあります。無条件の愛、忠誠心、心の支えを与えてくれるのです。人は離れていくかもしれませんが、犬は生きている限りずっとあなたのそばにいます。

犬は言葉でコミュニケーションをとらないので、お互いが誤解しやすく、傷つくことがあります。

ここでは、愛犬への理解やコミュニケーションをよりスムーズにするための、より良い方法をご紹介します。

#1 低いうなり声

犬は愛らしく忠実ですが、特に大好きな人間に対しては独占欲が強くなることがあります。多くの人が思っているのと違って、犬はいつもすぐに人を噛んだり、気に入らないことがあるたびに鋭い歯を見せたりするわけではありません。

低いうなり声は、ペットの飼い主なら必ず知っているものです。この音は、後ずさりするようにという警告であり、犬が食べ物やおもちゃ、人間を共有することを好まないという合図です。犬がこのようなことをしているのを見たら、ゆっくりと後ずさりしてください。

#2位 ハウリングの意味

犬は自分の存在を知らせたり、注意を引いたり、他の犬と接触したりするために遠吠えをします。時には、遠吠えは、愛犬を困らせる何かがあることも意味します。それは何でしょう?ベッドから降りて調べてみる必要がありますが、オレンジやレモンなどの柑橘類の匂いのような、くだらないものであっても驚かないでください!

 

#その3 うつぶせで寝る

犬には不思議な寝相があります。かわいい寝相もあれば、その寝相の意味を知らない人が見ると、とても心配になる寝相もあります。

ほとんどの犬は、暑いと感じるとお腹の上で眠り、冷たいものの上に寝て温度を調節しようとします。しかし、獣医によると、これは最も理想的な寝姿勢ではなく、小さな仲間が適切な休息を取るのに苦労することになるそうです。

#第4回 曲げてもいいし、壊してもいいルール

ルールがあるのは、理由があるからです。そして、同じことが犬にも当てはまります。犬を混乱させたくないのであれば、しっかりとルールを決めなければなりません。ある日はソファに行くのを許し、次の日はソファに飛び乗るのを許すということはできません。そうすると、境界線を効果的に確立できていないことになります。また、一貫性がないことは、犬にストレスを与えることになります。

#その5 吠えることを知る

飼い主は、吠えることが必ずしも愛犬にストレスを与えている、あるいは愛犬を動揺させていることを意味しないことを認識する必要があります。吠え声に耳を澄ませることで、どのように反応すればいいのかがよくわかり、その過程で愛犬を混乱させることもありません。低い音から始まり、ゆっくりと上がっていく吠え声は、あなたと楽しく遊びたいことを意味しています。吠える音が高ければ高いほど、あなたと遊ぶことに興奮していることを意味します。あなたの犬は何も脅かされていませんから、心配しないでください。

#6位 パピーアイを理解する

私たちは皆、個人的に、あるいは映画の中で、パピー・ドッグ・アイズを見たことがあります。あなたの愛犬があなたに子犬のような目を見せるとき、それは彼らがあなたをどれだけ愛し、信頼しているかを伝える方法なのです。

#7位 テイルを追いかける

犬には数え切れないほどの遊び心がありますが、そのひとつに、しっぽを追いかけて狭い円を描くように走ることがあります。面白いけど、どんな意味があるんだろう?若い犬が自分のしっぽを追いかけるのは、しっぽが自分のものであるという知識がないからで、ちょっとかわいい。しかし、それが老犬がやっていると笑い事では済まない。これは、長時間ひとりで留守番させられているために、犬が退屈して疲れていることを意味しています。運動や森の中の散歩など、犬が溜め込んでいるエネルギーのはけ口を作ってあげましょう。

#8位 足を広げて眠る

犬は寝ているときが一番かわいい生き物です。足を開いた寝姿にはどんな意味があるのでしょうか?もし、あなたの愛犬がこの写真のように寝ているとしたら、それは快適で、周りの人を信頼している証拠です。そうでないなら、なぜこんな無防備な姿勢になるのでしょうか?

8 months ago
free toy
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved