冬の気候の中、あなたの犬を安全に守るために注意できること

冬の気候の中、あなたの犬を安全に守るために注意できること

冬の気候の中、あなたの犬を安全に守るために注意できること

 気温が一気に下がり、道が凍ったり雪が降る恐れが増す時期、大切な飼い犬の安全に注意しておくことはとても重要だ。大切な家族が幸せで健康な冬を送れるよう、以下のいくつかのポイントを心にとめておこう。

暖かさを保つ

犬は毛皮があるので人間よりも寒さに強いと信じている人は多いが、それは事実ではない。ルールとして覚えておくといいのは、あなたが寒いと感じるならあなたの犬も寒いと感じているということだ。私たち人間と同じように、低体温症や凍傷になりやすい。毛に覆われていない耳や鼻、足の裏は凍りつき、一生残る傷が残る可能性もある。外が本当に寒くなったら犬は屋内に入れて、トイレの時だけ外に出すようにしよう。外に出した時は目を離さないように。犬が凍傷になっている疑いがある時はすぐに暖かい場所に移し毛布で体をくるんであげて、即、獣医に連れて行こう。

濡らさない

毛皮が濡れると犬の体温は急速に低下するので、乾いた状態にしておいてあげることが非常に重要だ。雪の中での散歩の後はすぐに犬を拭いてあげられるようタオルを用意しておこう。

足の裏をチェックする

寒さのせいで肉球のひび割れや出血などの怪我や傷ができていないか、犬の足の裏を頻繁にチェックしよう。凍った舗道は滑りやすく摩擦がまったくない。また、岩塩は犬の足の裏に不快な感覚を与える。また、足の指の間の毛をトリミングして氷の粒がひっかからないようにしよう。

犬用の靴

犬の足の裏は激しい暑さや寒さに対しとてもデリケートだ。なので、犬用の冬のブーツを買ってあげる事はとてもいいアイディアだろう。初めて履いてみた時に、笑い過ぎないように注意しよう…。

冬に使われる化学物質に触れさせない

甘い匂いと味で犬を惹きつけてしまう凍結防止剤は、犬にとって冬の最大の危険の一つだ。毒性の液体で腎臓に多大なダメージを与えてしまう。凍結防止剤からは遠ざけるようにしよう。

車内の安全に注意

夏に犬を熱くなった車の中に残しておくのは危険だという話はよく聞くが、寒い時期にもそれはあてはまる。気温はおそろしいほどの速さで下がり、低体温症を引き起こす可能性がある。冬の車は冷蔵庫にすらなり得る。寒気を保ち、中にいる動物が凍りつく。犬と車で外出するのは必要な時だけにして、出かける前には車を温めておき、犬だけを車内に残さないようにしよう。

1 month ago
shipping-image
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved