涙やけとは?その原因は?

ゴードン・フェンズ 獣医学士 王立獣医師協会会員

涙やけは小型で明るい色の体毛をした犬種によく見られる症状です。ビション・フリーゼやウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの他、雑種の小型犬がそうした犬種に該当します。こうした犬種はよく涙目になっており、涙やけのせいで顔の毛がピンクがかった茶色になっています。また、涙やけは犬種を問わず老齢の犬にもよく見られる症状です。

涙やけに関するよくある誤解には以下のようなものがあります。

      •  犬種の問題なので受け入れるほかない。

      •  狭い涙管のせいで起こる。

      •  単に見かけの問題である。

涙やけの原因として最も多いのが体内に蓄積された有害な老廃物です。数多くあるその他の健康問題と同様に、健康と栄養への正しく総合的なアプローチを行うことにより、涙やけもしっかりと治療することが可能です。多くの人はクリームや撥水材を犬の顔に塗って、涙やけを見かけの問題として対処しようとします。確証は無いものの、多くの犬は涙やけによる目への刺激で不快な思いをしていると私たちは考えています。私たち人間は涙目がどれほど不快で苛立たしいものであるかを理解しなければなりません。

老廃物(毒素)の生成と排出は通常の新陳代謝の働きの一部です。しかし、もし老廃物が過剰に生成されている場合、こうした老廃物が体内に蓄積し、通常の健康な体の機能に干渉をします。

以下に過剰な老廃物生成の原因として考えられるものをいくつか挙げます。

      •  低品質な食事 - 不適切な原材料、化学添加物、着色料、原産不明の低品質な穀類とたんぱく質

      •  食事の与えすぎ – 高品質な食事でも同様

      •  穀類の摂りすぎ

      •  食物アレルギーまたは不耐性 - 炎症、細胞へのダメージ、毒素の生成を引き起こす

      •  着色料やその他非食品の原料など、食事に含まれる化学薬品や添加物

tear-stains-927x388

食事の効果とは?

ここに挙げた原因として考えられるものはすべて対処する必要があります。天然素材だけを使い、高品質のたんぱく質、脂質、糖質(サツマイモなど)を含み、添加物の入っていない(大事なビタミンやミネラルは除く)、栄養価の優れた食事をさせることが重要です。注意深く食事を与えれば、高品質の天然素材だけを使ったグレインフリーの食生活によって、涙やけを引き起こす老廃物が体内に蓄積するのを防ぐことができます。

炎症が悪化している場合、食物アレルギーまたは食物不耐性も原因である可能性があります。そのため、低刺激性の食事をさせることが重要となります。食物アレルギーと不耐性についてはこちらに詳しく記載されています。

自分の犬に最適な食事は?

多くの飼い主たちが涙やけを防ぐドッグフードに出会いたいと願いながらいろいろな会社のドッグフードを試しています。例えば、ある犬は鶏肉が合わなくても、アヒルや羊の肉なら合うかもしれません。私たちの無料サンプルをお試しいただき、どれがご自身の飼い犬に最も合うかをご確認ください。

おやつを与えても大丈夫?

涙やけを防ごうとする際には、最初のうちはなるべく与える食事の種類を絞ることが重要です。例えば、おやつや他の会社のドッグフード、フルーツはもちろん、肉と脂を含む自家製の食事(野菜はOK)も与えないでください。食事をシンプルにすることでどれに効き目があるのかを分かるようにするためです。食事制限を始めてからしばらく経って涙やけが解消されたらおやつを与えてみてもいいでしょう。ただし、老廃物の生成は身体の新陳代謝における正常な働きの一部です。それが過剰になった際に、身体にとって有毒になるのです。

また、獣医に行って犬の肛門腺を見てもらうようお願いしましょう。肛門腺は身体から老廃物を出すための近道なので、そこに問題がある場合は涙やけの原因となっている場合もあります。涙やけは小型で明るい色の体毛をした犬種によく見られる症状です。ビション・フリーゼやウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどがそうした犬種に該当します。こうした犬種はよく涙目になっており、涙やけのせいで顔の毛がピンクがかった茶色になっています。涙やけは頻繁ではないものの時折涙管が詰まることにより引き起こされることもあります。しかし、私たちは適切な食事によって涙やけを防げることを発見しました。

もし飼い犬の涙やけのことが心配で、こうした症状を改善することが認められた私たちの製品のどれかを試してみたいとお考えであれば、CP チキン&ターキー、 CP ラム&アップル、CP ダック&オレンジの製品を無料サンプルとして250グラムお送りいたします。サンプルは送料無料にてお送りいたします。関心のある方は下のバナーをクリックしてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved