犬が避けるべき4つの果物

犬が避けるべき4つの果物

犬が避けるべき4つの果物

ブドウは、犬にとって最も有害な果物の1つです。

犬がイチゴや他の多くの果物を食べることはできるか?という問いに対しての答えは「YES」ですが、一方で犬にとって非常に有害な果物が存在します。

犬が避けるべき果物には、アボカド、サクランボ、ブドウ、グレープフルーツなどが含まれています。

これらの果物は、全ての犬にとって深刻な影響を与える可能性があります。犬に果物を与えないようにするか、犬がこれらの果物を口にした場合の対処法について知っておくことが重要です。

記事を読み続けてください。

アボカド

アボカドは多くの人にとってヘルシーで美味しい食べ物ですが、多くの専門家によると犬が避けるべき食べ物だと言われています。 少量のアボカドは、犬にとって安全かもしれませんが、多くの専門家がこのクリーミーな果物に対して「NO」というのがベストだと述べています。

実際、アボカドにはペルシンとして知られている殺菌作用のある毒素が含まれています。 ペルシンは、動物に深刻な、時には致命的な結果をもたらす可能性があります。 この殺菌作用のある毒素は、アボカドの果実、葉、種、苗木に存在し、その多くが犬にとって有害である可能性があります。

犬が少量のアボカドを消費した場合、おそらく問題はないと思われます。 ただし、犬がかなりの量のアボカドを消費している場合は、獣医に連絡するのが良いでしょう。

 

サクランボ

犬は、イチゴを適度に食べることができるだけでなく、サクランボの実も食べることができます。 はい、読み間違いではありません。

では、サクランボが犬が避けるべき果物のリストに入っているのは何故でしょうか? 問題は、その種と葉にあります。 サクランボの種や葉には、シアン化物が含まれています。犬が大量のシアン化物を消費した場合、シアン化物は有害で、致命的になる可能性があります。

ブドウ

犬はイチゴを食べることができますか?はい。しかし、犬はブドウを食べることができません。

ブドウとレーズンは、どちらも犬にとって非常に有害ですが、この正確な理由についてはまだ研究が続けられています。 一部の専門家は、犬がブドウに含まれるタンニン、フラボノイド、単糖を適切に消化できないために、ブドウが危険であると理論付けています。

理由がどうであれ、ブドウは犬にとって非常に有害であり、肝臓の損傷や賢不全にさえつながることで知られています。

たった1粒のブドウでさえも犬にとって危険な場合があるため、犬がブドウを口にした場合は、獣医に連絡することが重要です。

グレープフルーツ

犬はイチゴを食べることができますか? はい。 では、犬はグレープフルーツを食べることができますか? いいえ。

グレープフルーツの皮は、犬にとって特に有害であり、犬から遠ざける必要があります。しかし、グレープフルーツの皮が必ずしも犬にとって有毒であるというわけではありませんが、グレープフルーツの果肉はかなり強い酸性です。 これにより、嘔吐や下痢など、犬に深刻な消化不良を引き起こす可能性があります。

28 day ago
shipping-image
コメント
© 2019 Planet Pet K.K. All rights reserved